ブロックチェーン

アメリカの平均賃金の約62%越え!ブロックチェーン業界で働く人のお給料は?

更新日:

記事概要

アメリカに本拠を置く求人情報サイトGlass doorの調べによると、ブロックチェーン業界で働く人のお給料はアメリカのフルタイムワーカーの平均賃金の約62%上を行っていることが分かりました。

仮想通貨市場がジリジリと下落している今(2018年12月6日現在)でも、仮想通貨の根本となるブロックチェーン技術の専門家にはかなり高額のお給料が支払われているということですね。

参考記事:Blockchain and Crypto in the Labor Market: Overview of Salaries, Taxes and the Most In-Demand Jobs

 

気になるブロックチェーン技術者のお給料は?

アメリカのブロックチェーン技術者のお給料の平均は、8万4884ドルとなっています。
また、お給料の範囲はバラエティに富んでおり、下限が3万6406ドルで最大が22万3667ドルとなっています。

簡単にドルを円に換算(1ドル=110円)してみると、

  • ブロックチェーン技術者の平均お給料は約933万円
  • 下限のお給料は約400万円
  • 最大のお給料は約2400万円

下限のお給料で日本人の平均年収くらいを叩き出してしまっていますね・・・

 

アメリカ人の平均年収は?

アメリカ人のフルタイムワーカーとの比較の前に、一度平均年収を見ておきましょう。

アメリカ人フルタイムワーカーの平均年収は5万2461ドルとなっています。

これを日本円に換算(1ドル=110円)すると、

・アメリカのフルタイムワーカー平均年収約577万円

こうやってみるとアメリカのフルタイムワーカーも日本人よりもいい平均年収を貰っているみたいですね。

 

ちなみに日本人の平均年収は?

日本人の平均年収は、調査の仕方によって変わりますが442万円という統計が出ています。

ただし、平均値というのはあくまで全体の平均を見ているため中央値も一度見ておきましょう。

日本人の年収の中央値は400万円となっています。

参考記事:年収中央値とは?【平均年収との違いをわかりやすく解説】 | Smartwith

 

お給料の受け取り方

ブロックチェーン技術であらゆる問題を解決しようとしているスタートアップ企業、ChronoBankの調査でおもしろい事実が判明しました。

ブロックチェーン技術者のお給料の受け取り方で、

  • お給料全額を仮想通貨で受け取りたい人が28%
  • お給料を仮想通貨と併用で受け取りたい人が66%
  • ボーナス全額を仮想通貨で受け取りたい人が83%
  • ストックオプションのように仮想通貨購入の特別オファーが欲しい人が72%

以上の結果が出ています。

半分以上の技術者の方が、仮想通貨と併用で受け取りたいと思っているようです。

その背景には、現在の世界のトレンド技術となりえるであろう、ブロックチェーンを用いた価値の高いプロダクトがビットコインに代表される仮想通貨だからでしょう。

 

ブロックチェーン技術者はなんでこんなに高給なの?

ブロックチェーン技術者が何故、こんなに高いお給料を貰っているのでしょうか?
そこには需要と供給の関係が存在しています。

ブロックチェーン技術は世界のトレンドとなりえるから(なっているから)

ブロックチェーン技術者への需要が高まっている根本の原因はこれでしょう。

なぜなら、ブロックチェーン技術は仲介業者を必要とせずに世界のどこにいても個人間で金銭を送金して契約を結ぶことができます。

世界的なビジネスが個人間で結べてしまうということです。

世界のビジネスの根本を支えるこの技術が全世界を巻き込んだトレンドとなりえないでしょうか?

 

ブロックチェーン技術は世界のトレンドなのに技術者が足りないから

ブロックチェーン技術者の供給不足が起きているのは、この点です。

この技術が発明されてまだ10年くらいしか経っていないのですから当然ですよね。

ブロックチェン技術は様々なところで応用がなされようとしていますが、各分野の知識+ブロックチェーン技術を習得した技術者が簡単に出現してくるでしょうか?

応用したい分野にブロックチェーン技術を応用できる技術者が出現するまでには相応の時間が必要でしょう。

 

まとめ

アメリカのブロックチェーン技術者はアメリカ人の平均賃金の63%以上の平均賃金を得ています。

日本人の平均年収では到底太刀打ちできない金額ですよね。

なぜこんなにも多額の賃金を得ているかというと、

  • ブロックチェーンには莫大な需要がある
  • ブロックチェーン技術者は供給不足である

この二点が大きく関与していると考えています。応用の可能性をたくさん秘めたブロックチェーン技術者になると、今後の社会でも必要とされる人材になれそうですね。

 

-ブロックチェーン
-

Copyright© お金の雑記帳 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.